2016年04月30日

まとめ

防災グッズを一から揃えるとかかる金額は・・・

・ラジオ、充電器  4560円
・断水対策グッズ  2309円
・食料       1350円
・その他必要品   1877円


           合計10096円!



はい、一万円オーバー!!ヽ(^∀^)ノ



ですがしかし、
これら一から防災グッズを揃えることの”肝”は、
個別で揃えられるところにあります。

つまり、ラップ、バッグ、トイレットペーパーなど、
すでに家にあるもの活用したり、

防災マニュアルは、古本屋で手に入れたり
工夫次第で、値段が抑えられる所なのです。

また、被災時のトイレ問題を考えた場合の対策費用も
200円からなど、
防災対策のハードルが低くなるのも、
個別に揃えることのメリットですね。



・結論 防災バッグは一万円くらいするもの。










・地震に備えて。防災グッズを一万円以内で揃える
・ラジオ、充電器
・地震への備え 断水、トイレ問題 グッズ
・食料
・その他必要品
・まとめ


スポンサーリンク




ディフィンドフューチャー












posted by d100 at 04:00 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

その他必要品

その他用意しておくもの

・バッグ
・アルミシート
・十得ナイフ(缶切り、栓抜き)
・ラップ
・ID
・防災マニュアル

・現金
・衣類(帽子)
・ライト(予備)
・救急箱


;バッグ
そもそも 緊急時これら防災グッズを持ち出すのには
バッグが不可欠です。

・アイリスオーヤマ 非常用持ち出し袋 E型
  ¥1121






:アルミシート、ラップ、十得ナイフ

・防寒、ビニールシートとして使えるアルミシートは、ヤフオクなどで、 ¥108

・十得ナイフ、ラップも、100円ショップなどで、 2つ合わせて、¥216




:ID
被災時けがをしてしまった場合、家族と離れてしまった場合に備えて、
防災メモを用意しておきましょう。

記入すること
・住所氏名  ・血液型
・持病    ・既往症(今は治っているが、以前患っていた病気)
・アレルギー ・緊急連絡先

家族がいる人は
・集合場所  ・避難場所
・連絡先

また、
・保健証   ・免許証
・パスポート ・母子手帳

などの写しも書ければ、書いておきましょう。
   
        ¥0



:防災マニュアル
被災時において、防災マニュアルは あなたの心強い味方となるでしょう。
バッテリー消耗や、充電切れを考えて
電子書籍ではなく、本のマニュアルを備えておいた方が何かと安心です。。

・サバイバル・ウォーク・マニュアル
   ¥432




:現金、衣類など      
・現金 は自動販売機などが使えるように、小銭もいれておきましょう。

・衣類には、帽子があると、寝ぐせ隠しなどに役立ちます。

・その他、救急箱、ライト(予備)、などこれらは自前のものを



             計1877円










・地震に備えて。防災グッズを一万円以内で揃える
・ラジオ、充電器
・地震への備え 断水、トイレ問題 グッズ
・食料
・その他必要品
・まとめ



スポンサーリンク




ディフィンドフューチャー












posted by d100 at 01:53 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

食料

食料は、3日分を目安に
好きな非常食を選んでいきましょう。



例:
とりあえず、通販で一番安い
・カロリーメイト ロングライフ(2本入り)
×9  一個 ¥150


をバッグにぶち込んでおきましょう。

      計1350円









・地震に備えて。 防災グッズを一万円以内で揃える
・ラジオ、充電器
・地震への備え 断水、トイレ問題 グッズ
・食料
・その他必要品
・まとめ



スポンサーリンク




ディフィンドフューチャー












posted by d100 at 01:42 | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
最近のトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。